電子タバコは紙巻たばこと比べて健康が損なわれることがなくて経済的!


健康が損なわれにくい理由は蒸気中の有害物質の少なさ

近年、通常の紙巻たばこから電子タバコへ切り替える人が増えてきていますが、その主な理由の一つとして挙げられるのが「健康を損なうことなく喫煙を楽しめる」ということです。紙巻たばこの煙には、ニコチンやタールをはじめとして有害な物質が数百種類含まれており、たくさん吸えば吸うほど健康が損なわれていく可能性が高くなります。これに対し、電子タバコの充填液を加熱することによって発生する蒸気に含まれる有害物質は、種類も量も紙巻たばこよりずっと少ないです。特に、ニコチンが含まれていない充填液を選べば、健康面への影響を気にすることなく、またタバコ嫌いの人が近くに居てもあまり迷惑をかけることなく喫煙を楽しむことができるでしょう。

商品の価格こそ高いが長期的に見れば経済的

電子タバコを使い始めるためには本体やリキッド、周辺機器などを買い揃えなければなりません。このことだけを考えれば、電子タバコが通常の紙巻たばこよりかなりコストが高い印象を持つでしょう。しかし、長期的な視点で考えれば、電子タバコは紙巻たばこよりずっと経済的です。なぜかというと、電子タバコはメンテナンスをしっかりと行っていれば、一度買い揃えた後に発生する新たなコストはリキッドの購入代だけになるからです。リキッドは1個あたりの価格は紙巻たばこ1箱分と同じかそれより高い場合が多いですが、1個分で紙巻たばこ数箱分の喫煙を楽しむことができます。使用期間がある程度長くなると、ほぼ必ずどこかのタイミングでトータルコストが紙巻たばこを買い続けるコストを下回ります。

初心者が最初に買うvapeのおすすめは、スターターキットです。電子タバコを楽しむための機材が揃っており、リキッドを用意すればすぐにでも吸うことができます。