紫外線がもたらす目のダメージが気になる?サングラスを使おう!


紫外線から目を守りたいならサングラス

肌は紫外線を浴びることでダメージを受けます。それは目も同じで、紫外線を浴びてしまうとダメージを受けてしまうことがあります。もしも、夏など日差しのきつい季節に目がつらいと感じているなら、サングラスの利用を考えてみましょう。サングラスはまぶしさを軽減するためのものだと考えているかもしれませんが、紫外線をきちんとカットしてくれる製品も多いです。製品の中には99パーセントも紫外線をカットしてくれるものもあるので、目を太陽の日差しからしっかりと守ってくれます。

なお、サングラスのレンズの色が濃かったとしても、紫外線を防ぐ効果が高いとは限らないので気をつけなければいけません。どのくらいのカット率があるのかは、製品の説明に記載されているため数値を確認したうえで選定しましょう。

透明のサングラスもある

サングラスのレンズと聞いてイメージするのは、黒だったり濃い茶色だったりするかもしれません。しかし、現在では透明のレンズのサングラスも販売されています。もしも、視界はしっかりとクリアにしたままで、紫外線から目を守りたい場合は、透明レンズの製品の購入を考えてみましょう。透明レンズだったとしても、サングラスとして売られている製品ならば、紫外線をしっかりとカットしてくれます。黒や濃い茶色のものと同じ効果を持っているため、安心して日差しの強い日でも活用することが可能です。なお、当たり前ですが、透明なのでまぶしさを軽減する機能は持っていないので気をつけましょう。

サングラスは、眼を紫外線から守る役割があります。特に、紫外線の強い車内や野外などでは重宝されています。加えて、フレームや素材にこだわることで遊び心を演出することも可能です。