有害?それとも無害?電子タバコって実際どうなの?


電子タバコとは?仕組みと特徴

電子タバコとは、簡単に言えば火を一切使わずに「電気で吸うタバコ」のことです。電子タバコの内部にはカートリッジと呼ばれる液体を入れるための容器が内蔵されています。ここに「リキッド」と呼ばれる専用の液体を入れ、通電させて加熱することにより、リキッドが水蒸気化。この水蒸気化したものを吸うのが、電子タバコの楽しみ方です。リキッドにはオレンジやアップルなどのフルーツ系や、バニラやチョコレートといったデザート系など、様々な種類のものがあり、リキッドを変えることで様々な香りを楽しむことができます。またリキッド同士を好きにブレンドして、オリジナルのリキッドを作って楽しむやり方もあります。リキッドにはタールやニコチンといった有害物質が含まれていないのが特徴です。

電子タバコと煙草の違い

一方で従来の煙草は、火を使って葉っぱを燃やし、発生した煙を吸うものです。電子タバコとは違い、煙草にはニコチンやタールなどの有害物質が多く含まれており、健康被害に対して大きな懸念が広がっています。煙草の健康被害は、喫煙する人だけにとどまりません。喫煙者が吸った煙草の煙を周囲の人が吸ってしまう「受動喫煙」が、最近大きな話題になっています。そのため多くの飲食店や公共の施設などでは、受動喫煙対策として禁煙となっているのが現状です。

電子タバコは人前で吸っても安心!

電子タバコは従来の煙草とは違い、ニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないため、健康に対する心配は必要ありません。また周囲に有害な煙を出すこともないので、家族や友人など人前でも安心して吸うことができるんです。

ニコチンリキッドは、ニコチンが入っているためニコチン依存症になる可能性があります。また、肌に触れると人体に影響があるとされています。そのため、取り扱いには十分注意が必要です。